トップ 追記   RSS 1.0 FEED  

Journal InTime


2022-09-11 (Sun) [長年日記]

_ あいち2022に行ってきた

RubyKaigiの翌日は羽角さんとあいち2022常滑会場に行ってきた。

うなぎ

昼は羽角さんのリクエストで、はじめて行ったうなぎの中村屋という店でまたしてもうな丼。 大観亭にくらべるとしっかりした味付けだったけど甘すぎずおいしかった。 米の炊き加減はわりと攻めた感じの硬めだったので好みが分かれるかもしれない(自分は好き)。

服部文祥/石川竜一

あいち2022の目当ては服部文祥+石川竜一の北海道無銭旅行の展示。会場でしか購入できない100円の小冊子は会期終了後に断裁されるそうで、来場者が会場まで旅をすることも含めての展示なのだとか。

カルパッチョ

夜は地元の友達おすすめの大野町ダイニングkuramaへ。 もともとバー営業のみだったらしいけど、どの料理もおいしかった。フグの生ハムははじめて食べた気がする。

翌日松江まで帰ったけど、Googleマップのナビの車線案内に従っていたら神戸JCTで新名神から中国道に入りそこねてしまった。 次のインターで逆方向に入りなおさせてもらって何とか4時頃に松江にたどり着いた。


2022-09-10 (Sat) [長年日記]

_ RubyKaigi 2022に参加してきた

3年ぶりにTakeoutではない開催となったRubyKaigiに参加してきた。

島根↔三重は交通が不便なので、羽角さんと一緒に車で行くことにした。 行きはスムーズに到着して津駅西口の大観亭支店でRubyKaigiがはじまった。

うなぎ1

あっさりした味付けで皮がぱりっとしていておいしかった。支店の方がうまいという噂を聞いて支店に行ったけど結局本店には行けなかったので真偽はわからない。

発表で印象に残ったのはささださんのMaNy threads。 M:NスレッドのOSサポートは廃れたという話があったけど、SolarisもFreeBSDもとっくに1:1になってたんだなあ。 dedicated宣言をアプリケーション側でやるのは難しそうなので、ライブラリ側でやることになるのかな。 Fiber schedulerとの棲み分けも気になるけど、いずれにせよコールバックを使わずに軽い並行処理が書けるようになるとうれしい。

最後の方は集中力がきれてきて講演を聞くのがつらくなってきたので、Cookpad Code Puzzleで遊んでいた。 TracePointが上書きされていたのでObjectSpace.each_objectで探して使ったりと、色々ずるをして20問解いたけど、18〜20は好きなテーマだったので普通に書いた。Twitterでも盛り上がっていた気がするので、我々ぼっちプログラマにとっていい企画だったと思う。

久しぶりに色んな人と話したけど、一人で弁当を食べてた時に甚六さんに話しかけてもらったのと、ブースの人と話した以外は、知っている人としか話ができなかった気がする。

最終日はゆうぞうさんがうなぎを食べたいと言うので、早めに会場を出て再び大観亭支店へ。 ひつまぶしを食べようと思ったけど売り切れだったので初日と同じ上うな丼になってしまったけど、たぶんこの店はひつまぶしじゃなくてうな丼で正解だったと思う。

うなぎ2


2021-09-11 (Sat) [長年日記]

_ RubyKaigi Takeout 2021

RubyKaigi Takeout 2021に参加した。 今年もリアル開催できなかったのは残念だけど、動画配信が独自システムで、会議中にもどんどん改善されててすごかった。 スタッフのみなさん、今回も楽しい会議をありがとうございました。

自分の発表手持ちのチケットの説明であまり前向きな話ではなかったけど、RubyKaigiがなかったらたぶん実装が面倒で放置していたと思うので実装ができたのはよかった。

他の人の発表で印象に残ったのは遠藤さんのキーノートで、あれを見るとRubyに静的型はいらないと言ってた人もほしくなっちゃいそう。 TypeProf自体は型を書かなくていいというコンセプトだけど、実用を考えるとライブラリ含めてやっぱりある程度RBSの記述が必要なわけで、他人は型を書くけど自分は(ほとんど)書かずに恩恵だけ受けるというのが一番おいしそう。 逆にライブラリのメンテナンスしていてRBSを書くことを求められるけど、自分自身はIDEを使っていなくて恩恵を受けられない、という立場だとつらい。 TextbringerでああいうUI作るの面倒そうだしなあ。

あと、キーボードはRunner3680でエンドゲームだと思ってたけど、羽角さんの発表を聞いたらいつの間にかPico Microを購入していた。 Runner3680のPro Microを差し替えるだけでさくっと使えたらいいけど、また新しいキーボードを組み立てる羽目になるかもしれない。

RubyKaigi Takeout 2021 感想戦 with Matzは用事があったので途中から聴いていたら、前にrejectされた自分の提案の話になった。 まつもとさんのキーノートでもしばらくは言語自体の変更よりツールの整備や性能の改善ということだったのでまたrejectされるんだろうなあと思っていたら、他の人たちの説得でなぜかacceptされてしまった。

ということで、Ruby 3.1では

{x: x, y: y}

{x:, y:}

と書いたり、

foo(x: x, y: y)

foo(x:, y:)

と書いたりできるようになります。 masterにはもう入っているのでためしてみてください。

Tags: Ruby

2021-04-28 (Wed) [長年日記]

_ MAZDA3商品改良後のダンパーへの交換

改良後ダンパー

商品改良後の前後ダンパーとフロントバンプラバー、スプリングの交換をディーラーに依頼したが、スプリングについては「スプリングが9種類くらいあり重さや車の特性によって違いがあり絞り込みができませんでした」とのことで交換してもらえなかった。

不快な揺れが減って揺れの収まりもよくなったように思うが、商品改良後の試乗車がまだ近所になくて乗っていないので、さらにスプリングやGVCの変更でどれくらい違うのかが気になるところ。

改良後のXはブリジストンに統一されてしまったらしいので、それはトーヨーでよかった気がするけど。

Tags: MAZDA3

2021-02-13 (Sat) [長年日記]

_ Runner3680を組み立てた

会社はViterbi、自宅はHelixという生活だったが、隔日出勤だとコンテキストスイッチが大変な上に、Textbringer上でT-Codeを実装してから日本語入力の切り替えをC-\でするようになって、\キーの位置が違うのがつらいので自宅でも会社と同じ配列のキーボードがほしくなり、@takkanm氏に勧められたRunner3680を組み立てた。

RX0M2で動画を撮ってみたかったこともあり今回はビルドログを動画にしたが、テロップが一部プレースホルダのままになってしまった。