トップ «前の日(02-12) 最新 次の日(02-14)» 追記   RSS 1.0 FEED  

Journal InTime


2001-02-13 (Tue)

_ cgi/session

CGI::Sessionを使おうと、

require 'cgi/session'

とすると、以下のようなエラーが、

/usr/lib/ruby/1.6/cgi/session.rb:23:in `private': undefined method `create_new_id' for class `CGI::Session' (NameError)
        from /usr/lib/ruby/1.6/cgi/session.rb:23

どうもcreate_new_idがクラスメソッドに変更されたのに、

private :create_new_id

という記述があるせいらしい。

まつもとさんに言っておいたのでそのうち直るはず。

_ mod_rubyは安全か?

modruby.netのFAQに「mod_rubyは安全(secure)か?」という項目を追加。

安全かどうかというのは「何に対して」かによって違って来る。 たとえば車の硬いボディはドライバーにとっては安全だが、歩行者に とっては安全でない。

mod_rubyの場合、プログラマの不注意に対しては比較的安全(動くなることは あるかもしれない)だが、悪意あるプログラマに対しては安全でないので、 注意して使ってください。


2003-02-13 (Thu)

_ 王将戦

羽生竜王が王将位を奪取。

最近佐藤さん元気ないですねえ。 順位戦がんばってください。


2010-02-13 (Sat)

_ MailmanにFML風のヘッダを追加する

まつもとさんの松江Ruby会議の講演に触発されて、ひさびさにRubyに関係ないコードをハックしてみた。

etchでFMLがなくなっているので、ruby-listなどをMailmanに移行しようと思っているのだが、Mailmanには一つ問題がある。 それは、Pythonで書かれていること…ではなくて、メールに追加されるヘッダフィールドがFMLと違うことだ。

Subjectについては、設定でFML風にできることが確認できたが、X-ML-NameとX-Mail-Countについてはどうやったら追加できるかわからなかった。 X-ML-Nameは「代りにList-Idを見てね」で許されるかもしれないが、X-Mail-Countは、なくなるとbladeなんかで困りそうである。 ruby-talkはSubjectに番号を入れてないので、Subjectから番号を取ることもできない。

そこで、コードを修正できるところがOSSのいいところである。

調べてみると、直接Mailman本体を修正しなくても、Handlersディレクトリ にスクリプトを置いて、設定ファイルを少し書き変えれば拡張できるようだ。

以下のようなファイル(FMLHeaders.py)をHandlersディレクトリに置いて

def process(mlist, msg, msgdata):
    msg['X-ML-Name'] = mlist.internal_name()
    msg['X-Mail-Count'] = "%d" % mlist.post_id

mm_cfg.pyに以下の一行を追加したら見事ヘッダフィールドが追加された。

GLOBAL_PIPELINE.insert(1, 'FMLHeaders')

PythonもMailmanもよくできてますね。

Tags: Python