Journal InTime


2014-06-28 (Sat) [長年日記]

_ Ubuntu 14.04へのアップグレード

長らくUbuntu 12.04を使っていたが、重い腰を上げて14.04にアップグレードした(ついでに32bit版から64bit版にしたかったので、正確にはVMのイメージを作り直した)。

インストールは問題なかったが、使い始めるといくつかの問題が…。

  • compizのCPU使用率が高い。→ gnome-session-flashbackを入れてGnome Classicを使用することに。
  • Emacsのバージョンが上がって、T-Codeが動かなくなった。→ 後述の設定で回避。
  • Emacsのバージョンが上がって、insert-signatureがなくなった。 → とりあえずmime-edit-insert-signatureを使用。
  • kb2mb2の起動時にX Error of failed request: BadAccessと言われてこける。 → とりあえず放置。

T-Codeの件については、last-command-charがなくなったせいでgithubの最新のコードでも問題があったので、.emacsに以下のようなコードを入れて凌ぐことにした。

(defmacro advice-last-command-char (commands)
  `(progn
     ,@(mapcar
        (lambda (command)
          `(defadvice ,command (around ,(intern (concat (symbol-name command) "-last-command-char")) activate)
             (let ((last-command-char last-command-event))
               ad-do-it)))
        commands)))

(advice-last-command-char (eelll-key
                           isearch-printing-char
                           isearch-printing-char
                           isearch-printing-char
                           tcode-2byte-alnum-input-method
                           tcode-2byte-alnum-self-insert-command
                           tcode-mazegaki-complete
                           character-to-event
                           isearch-last-command-char
                           tcode-electric-space
                           tcode-insert-ya-outset
                           tcode-katakana-preceding-chars))

defadviceとdefmacro便利。

7/1追記:

insert-signatureについては、.emacsに以下のような設定を追加すれば定義された。

(setq mime-setup-use-signature t)
Tags: Ubuntu