トップ «前の日(05-26) 最新 次の日(05-28)» 追記   RSS 1.0 FEED  

Journal InTime


2002-05-27 (Mon)

_ AUTOCAD 2002

Apache2の本が届くはずが、なぜか"AUTOCAD 2000"という本が届いた。 スクリーンショット満載のCADの本。うーむ。


2004-05-27 (Thu)

_ [仕事] 一区切り

とりあえず、最初のベータ版をリリース。 まあ、こんなものだろう、という程度には仕上がったと思う。

今回はペアプログラミングじゃないので、単純なコーディング速度はとても早かった。 もっとも規模がとても小さいせいもあるけど。

_ [Ruby] Rubyレシピブック

まつもとさんに見せてもらった。

へー、高橋さんはModule#attr_accessorが好きなんだ。実は、attr_accessorの導入には 私も一役買ってたり([ruby-list:3970])して。 今このメールを見て、ふと、aliasでattr_なしのreader/writer/accessorがあっても よいんじゃないかなと思った。 クラス・モジュール定義のスコープだったらあまり名前がぶつからない気もする。 どうなんだろう。

で、あおきさんはString#sliceで、ゆうぞうさんはEnumerable#injectか、ふむふむ。 どっちも使ったことないかも。

自分は何だろう。Module#includeかなあ。 しょっちゅうきれいにmixinを使えているかというとそうでもないんですが。

ちなみにまつもとさんはevalだそうです。うーん、evalかあ。


2005-05-27 (Fri)

_ [Rails] The Rails BetaBook is Ready

You can now buy the book as either a PDF or as a PDF/Paper book combo.

[PragDaveより引用]

本+PDFは$43.75+送料(日本だと$35.50、あれさっきはもっと安かったような)、PDFだけだと$22.50。

_ [Ruby] [RubyConf] Deadline extension for presentation proposals

The deadline for submitting a proposal for a full-length presentation at RubyConf 2005 is being extended from May 27 to June 3.

[[RubyConf] Deadline extension for presentation proposalsより引用]

preregisterがRailsのエラーでコケるのと関係あるのかしら。

_ [プログラミング][Rails] 外部キー

外部キー制約付けない派が大多数。なるほど。確かに実務上は付けないほうがよさそうではあるのだけど。 ちょっと意外ではあった

[Csus4.net - Just example. Blog Archive PoEAA 3rdより引用]

そうなのか。 たしかにActiveRecordみたいなの使うと、使いにくい面もあるよね。

ON DELETE CASCADEとか大好きなんだけどな。 find_by_sqlも好きだ。 というか、SQL書くの結構好き。

ちなみに、外部キー使うなら、ON DELETE CASCADEにしないと そもそもfixtureが使えない。 fixutreを書いた順にinsertして、deleteするのも書いた順になるから。 このへんはもうちょっと何とかなりそうな気もする。

_ [プログラミング] なぜ外部キーを使うのか

自分の場合、エラーチェックのためではなく、 ドキュメンテーションというかコードの意図を明確にするため という側面が強い。ちょっと型の話に似ている。 リレーショナルデータベースって、「リレーショナル」っていうくせに 外部キーが使えるようになるまではリレーションが表現されてなかったんだもの。ひどい話だ。

ActiveRecordを使う場合はテーブルの関連をassociationで表現できるので、そういう意味では外部キーはなくてもいい。 ON DELETE CASCADE相当のこともActiveRecord側でできるはずだ (やったことないけど)。

そういえば、強い型の言語からもずいぶん遠ざかっているな。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ WR [はじめまして。 > リレーションが表現されてなかった それは誤解です。リレーション=テーブルです。 (ちなみに外部参..]

_ shugo [なるほど。]