Journal InTime


2017-02-19 (Sun) [長年日記]

_ Textbringer 0.1.8

Textbringer 0.1.8をリリースした。

0.1.7からの変更点:

  • シンタックスハイライトのサポート
  • grep, gsub, enlarge_windowコマンドの追加
  • CRをLFに変換しないよう修正。

asciicastは8色(正確にはA_BOLDを使った暗黙の色指定を合わせて16色)モードだが、256色の端末にも 対応していて以下のようにRGB値を指定するとカラーパレットから一番近い色を選択する。

# ~/.textbringer.rb
if Window.colors == 256
  Face.define :mode_line, foreground: "#ffffff", background: "#75507b"
  Face.define :link, foreground: "#8ae234"
  Face.define :comment, foreground: "#c4a000"
  Face.define :preprocessing_directive, foreground: "#4e9a06"
  Face.define :keyword, foreground: "#af87af", bold: true
  Face.define :string, foreground: "#729fcf"
end

デフォルトの前景色・背景色は以下のように変更できるが、このあたりの設定方法は変えるかも。

Window.set_default_colors("#ffffff", "#262626")

Curses.init_colorを使えばより正確な色表現ができるはずだが、tmuxとかだとCurses.can_change_color?が falseを返すのでそこまで頑張っていない。