トップ «前の日記(2005-08-17 (Wed)) 最新 次の日記(2005-08-22 (Mon))» 編集   RSS 1.0 FEED  

Journal InTime


2005-08-18 (Thu) [長年日記]

_ [ソフトウェア] svk

今までは他人のプロジェクトをちょこっといじるのにsvkを使っていた だけだったのだが、バックアップも兼ねて、自分のプロジェクト(具体的 にはximapd)にもsvkを使うことにした。

まず、//mirror/ximapdにミラーを用意する。

$ svk mirror https://projects.netlab.jp/svn/ximapd //mirror/ximapd
$ svk sync //mirror/ximapd

次に、//local/ximapdに手元で作業するためのブランチを作る。

$ svk copy -p //mirror/ximapd/trunk //local/ximapd

で、//local/ximapdからチェックアウト。

$ svk co //local/ximapd ximapd

あとは修正を行ってsvnと同様に

$ svk ci

で手元のブランチにcommitできる。 diffやlogなどもsvnと同様に使える。

ミラー元の修正を手元にマージするには、

$ svk pull

とするだけでよい。

逆にミラー元に手元の修正をマージするには、

$ svk push

でよいのだが、これだとsvkのへッダがsvnのログに含まれてしまうため、 ちょっと気持ち悪い。

$ svk push --verbatim

のように--verbatimオプションを指定すると余分なへッダが付かないようだ。

$ svk push --lump --verbatim

だと手元での複数のcommitをミラー元には一回のcommitとしてマージできるらしい。 自分はこまめにcommitするのが好きなので、結構いいかもしれない。