トップ «前の日記(2019-12-03 (Tue)) 最新 編集   RSS 1.0 FEED  

Journal InTime


2019-12-04 (Wed) [長年日記]

_ Textbringerのインストール

Textbringer Advent Calendar 2019の参加記事です。

READMEに書いてある通りだが、

$ gem install textbringer

でインストールできる。日本語を扱うためにncurseswが必要な環境があるので、その場合は例えば以下のように事前にインストールしておく。

$ sudo apt install libncursesw5-dev

インストールしたら

$ textbringer

で起動できるが、コマンド名が長いので自分は以下のようなスクリプトを~/bin/tbに置いている。

#!/bin/sh

/home/shugo/local/bin/ruby -I /home/shugo/src/textbringer/lib /home/shugo/src/textbringer/exe/textbringer "$@"

上の例は手元のソースコードを直接実行しているが、gemで入れたコマンドを使う場合は alias tb=textbringer とでもしておけばよい。 ただし、rbenvを使っていたりするとRubyのバージョンによってgemが入ってないことがありがちなので注意。